TAG 亡き憧れの女、生き写し、マイホーム、社会的地位